数馬尚子


数馬尚子(チューバ奏者)
東京都福生市出身。13歳よりチューバを始める。これまでにチューバを山岸明彦氏、多戸幾久三氏に師事。2008年NHK「響けみんなの吹奏楽」に出演。2011年 IJCOのメンバーとしてヨーロッパ青少年音楽祭にて、器楽部門で大会最高得点をもらう。2013年SCLのメンバーとしてプラハ国際吹奏楽コンクールにて、部門内金賞,全フェスティバル総合優勝,課題曲賞を受賞。2015年1月より東京イボンヌに演奏家として所属。数々の公演の中で様々なアーティストと共演する。2015年12月より
音楽家たちの晩餐会にて プロデューサーとなり、毎月プロデュースコンサートを開催し続け好評を博す。2016年2月にはサントリーホールにて自主公演のコンサートを開催。その他、豪華客船を貸し切りクルージングコンサート、神社やお寺の本殿にて浴衣を着ての夏祭りコンサートを定期的に開催している。2018年より楽団アンサンブル アンクラージェを立ち上げ、活弁士とのクラシカルムービーコンサートを定期的に開催。また指導面では小中学生のバンド指導にも力を入れている。
オリジナルキャラクターチュービーlineスタンプ発売中。
「チューバのチュービー」

https://line.me/S/sticker/1463773

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る